遺産分割

静岡県相続・遺言・成年後見相談の窓口 ホーム > 相続が発生したら > 遺産分割

遺産分割とは、共同相続人による遺産の共有状態を、各相続人の単独所有にすることです。

被相続人が死亡(相続が開始)すると、被相続人の財産は相続人に移転します。その際、相続人が複数いる場合には、遺産は相続人の共有になります。これを単独所有にするのが、遺産分割です。
なお、遺産分割に期限はありません。遺産分割がなされていなければ、いつまでも共同相続人の共有状態のままです。
しかし、相続税の申告義務のある人は、相続開始から10カ月以内の申告期限までに行わないと、小規模宅地等の特例や配偶者軽減が受けられません。 そのため、分割が決まるまで相続税額が一時的に増えてしまいます。

遺産分割手続きの流れ

1

遺産分割は、遺言があればその内容にしたがい、遺産を分割します。
遺言がない場合には、相続人全員で遺産分割に関する「協議」、つまり「遺産分協議」を行い、取得者を決めます。

2

その協議がまとまらない場合には、家庭裁判所の「調停」による遺産分割を行います。それでもまとまらない場合には、「審判」による分割を行います。さらに、審判に納得できないときは「裁判」になります。

3

下記の場合には、相続人全員で遺産分割に関する「協議」が必要になります。これを遺産分割協議といいます。

  • (1)遺言がない場合
  • (2)遺言から漏れている財産がある場合
  • (3)遺言で取得する財産の割合のみが示されている包括遺贈の場合

分割協議では、相続人全員が合意すれば、どのような分割でも構いません。 例えば、1人の相続人が全ての遺産を取得するというものでも構いません。 そして、その合意に至ったときに「遺産分割協議書」を作成します。