相続登記

静岡県相続・遺言・成年後見相談の窓口 ホーム > 相続が発生したら > 相続登記

相続登記とは、不動産の所有者が亡くなった場合に、その不動産の登記名義を被相続人(亡くなった方)から相続人へ名義の変更を行なうことをいいます。

相続登記は法律上の期限を決められているわけではありません。しかし、相続が発生して不動産を取得した場合は、その権利を登記によって確定しておかないと将来的に相続人同士で揉めてしまう可能性があり、そうした事態を避けるために不動産の相続登記を行なうのです。

遺産分割協議により、通常の法定相続分とは異なる相続分の不動産を相続したときは、きちんと相続登記をしていなければ第三者に「この不動産は自分のものだ」と主張することができません。 よって遺産分割協議により不動産を相続する場合には、相続登記を行なうことが必要となります。

また、登記をせず、放置されていた不動産の売却を考える場合は、相続人の関係がとても複雑になり、法定相続人も通常の相続よりも多く登場することで、相続人同士で揉めてしまうこともあり、遺産分割協議の話し合いが難しくなり、不動産を売却するには相当な時間と手間がかかることになります。 そのため、相続登記は放置せずに早めにしたほうがよろしいです。
また、相続した不動産を売却したい場合はもちろんですが、相続した不動産を担保に銀行から融資を受ける場合も、相続登記を済ませておかないと銀行の手続きは進みません。